コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
 
 
 

高校入試問題工房Manavi

 

 

 

 

 

 


これは押さえておきたい!EXCEL活用法
《シート編》 No.03

■シート(sheet)の複製(コピー)を作成する

 

 

Sheetは必要に応じて、複製をつくることができます。 [Ctrl]+[ドラッグ]を使用します。



作業中のEXCELシートで、ちょっとした変更や一時的な確認などを試みたいときに、それまでの同シートでの入力作業を一瞬にして無駄にしないようにするためにも、同シートの複製を作成することができます。
 ショートカットを用いて[Ctrl]+[ドラッグ]により複製が作成できます。

 

[Ctrl]キーを押しながら、
複製したいSheetを選択して、複製したい位置までドラッグします。


以下の図では、Sheet1の複製をSheet3の後に作成を試みた例です。



まずSheet1をアクティブにし、[コントロール]キーを押しつづけながら、
MouseドラッグによりSheet3の後方(端)へ来るようにします。

               ↓↓↓

以下の図はMouseドラッグして、複製ができた状態です。
Sheet1(2)という名称で作成されています。

 







Copyright (C) 2005 helpfulnotes. All rights Reserved.