コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
 
 
 

高校入試問題工房Manavi

 

 

 

 

 

 


これは押さえておきたい!EXCEL活用法
《シート編》 No.06

■セルまたはセル範囲をドラッグして移動させる…

 

 

シート内の一覧表上で、指定したセルやセル範囲を任意の場所へ
[Shitf] + [ドラッグ]
で移動させることができます。



例えば、以下の図で、セルの14番目にあるセル範囲を任意の場所に移動させるには、
[shift]キーを押しながら、ドラッグします。
ここで注意をしなければいけないのは、
[shift]キーを押さないで、ドラッグすると移動した先にあったセルの内容が
上書きされてしまいます。



以下の図は、セルの5番の位置へ[shift]+[ドラッグ]でセルの14番にあった
セル範囲を移動しました。

 



※ドラッグするときは、セル範囲の太枠線上にマウスポインターを合わせて、ドラッグします。。

 

[Shift] + [ドラッグ]で移動を行います。

 


           ↓ ↓ ↓

セルの5番には、
移動させたいセル範囲(セルの14番目)が収まり、 セルの5番にもともとあった内容は、
上書きされることなく、 一段下のセルにズレて移動しました。


         

 







Copyright (C) 2005 helpfulnotes. All rights Reserved.