コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
 
 
 

高校入試問題工房Manavi

 

 

 

 

 

 


これは押さえておきたい!EXCEL活用法
《シート編》 No.08

■表のコピー時に、列/行の書式設定も同時にコピーする…

 

 

作成した表の範囲を指定してコピー・貼り付けをしたとき、列幅や行高はコピーされませんが、行または列単位で範囲指定すると正しく貼り付けられます。



下の赤枠のデータをE列以降に貼り付ける場合です。
通常の「コピー・貼り付け」では、データが入力されているセル(赤枠部分)を選択します。


下の図は、上記の方法でEFGの列にセルを選択して貼り付けた場合です。
図の様に、データは貼り付けられましたが、EFGの列幅はABCの列幅ではなく、
標準の列幅の状態です。




データと列幅の書式を同時にコピー・貼り付けする場合は、コピーしたい列番号を選択します。
下の図のように、ABCの列をドラッグして選択します。




上記でABCの列を選択したら、貼り付けをする最初のセル(E1)をクリックし、
貼り付けを実行します。
下の図の様に、EFGの列幅がABCの列幅と同じになります。



セルを選択しないで、列を選択する。

 


※行の高さを保持したまま貼り付ける場合は、行番号(1・2・3・・・)を 選択し、必ずA列に
  貼り付けてください。A列以外に貼り付けようとすると、貼り付けできない旨のダイアログが
  表示されます。
        






Copyright (C) 2007 helpfulnotes. All rights Reserved.