コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 


提案4: 文化祭のペーパーアイテムを作ろう
 PCを使って文化祭のチラシや招待状を作ります


第6回 来場者名簿-2

■文字の食い込みをなんとかする

 前回作った名簿を、もっと名簿らしい体裁に整えます。

 Excelで作る表のマスを“セル”、セルのタテ並びを“行”、ヨコ並びを“列”、セルを囲んでいる線を“罫線”と呼びます。

 さて、前回作った名簿のままでは、列Bに書き込んだ「遠方乃高校」「辺留府町民生委員・児童委員」などの所属・肩書きの項目が、列Cや列Dにまで食い込んでいて、セルの幅が不適切です。

 そこで、まずはセルの幅を調整して、この食い込みをなんとかしましょう。

 表の一番上の行のさらに上、「A、B、C、D……」が書かれているグレーの行に注目します。
 セルとセルの間の罫線にカーソルを合わせると、ポインタが、白抜きの太い十字から、ヨコ線が両方向矢印になった十字に変化します。

 この状態で左クリックし、指を離さずにいると「幅:8.38(72ピクセル)」と、現在の幅が表示されますが、ここではダブルクリックします。
 ダブルクリックすると、 現在記入されているセル内の文字数に応じて、セルの幅が変更されます。
(*関連Link = これは押さえておきたい!EXCEL活用法 ■No.7 ダブルクリックで列幅を自動調整する… )。

 列AとBの間、BとCの間、CとDの間、DとEの間の罫線をすべてダブルクリックしていくと、すべての列の幅が最適化されます。
 ここでは列A、C、D、Eが縮まり、列Bが広がりました。

すべての列の幅を最適化した状態



 自動で変更されたこの幅は、「現在記入されている各列内のセルのうち、一番文字数が多いセルに、若干のゆとりをプラスした幅」ですので、もっと広くしたければ、任意の幅を指定します。

 幅を変更したい列の一番上の、「A」「B」などの近辺で右クリックすると、出るメニューの中に「列の幅」がありますので、これを選択すると任意の幅に変更できます。

■ギュウ詰め状態を解消する

 まだまだ文字がギュウギュウ詰めですので、次に行の高さを調節します。

 列の幅のときと同様、「1、2、3、4……」が書かれている左端のグレーの行を使います。
 今度は、ポインタがタテ線が両方向矢印になった十字に変化し、左クリックして指を離さずにいると「13.50(18ピクセル)」と表示されます。
 ところが、今回はダブルクリックしても高さが変わりません。
 すでに高さは最適化されているので、これ以上変わらないのです。

 そのため今度は、任意の数値を入れてゆとりのある高さに変えます。
 「1」「2」などの近辺で右クリックし、メニューから「行の高さ」を選択します。
 先ほど出た数値は「13.50」でしたので、少しずつ数値を上げ、見やすいと思える高さになるまで何度か繰り返してください。
 ここでは便宜上「20.00」にしておきましょう。

行の高さを調整した状態。ギュウ詰めだった表が見やすくなった


■文字と罫線を離す

 ギュウ詰めではなくなりましたが、工夫次第でもっと見やすくなります。
 今度はセル内の文字の配置を調整してみましょう。


1)1行目「名前」「所属」「来場日」「来場時」「区分」は見やすく中央寄せに
2)「A山Z子」「辺留府高校元校長」などは、中央寄せすると先頭の文字の位置がバラバラになってかえって見づらくなるので、自然な配置に
3)列Eの「A」「B」「C」は中央寄せに


 また、文字が下の罫線にくっついていると読みにくいので、表内の文字すべてについて、上下に余裕を持たせます。

 以下が手順です。

1)左端のグレーの「1」を左クリック。1行目全体が反転します。
 「書式」→「セル」→「配置」で、「横位置」のプルダウンメニューから「中央揃え」を、次に「縦位置」のプルダウンから「中央揃え」を選択してください。
 これで「名前」「所属」「来場日」「来場時」「区分」が上下左右ともセンタリングされました。

2)A列2行目「A山Z子」のセルをクリック、Shiftキーを押しながら十字キーの「→」を押し、B列2行目(「辺留府高校元校長」)のセルも同時に選択します。
 さらに「Shift」+「↓」を押しつづけ、27行目「Z木A衣」「隣区野第一中学」までを反転させます。
 先ほどと同様、「書式」→「セル」→「配置」で、「横位置」のプルダウンは「標準」、「縦位置」のプルダウンは「中央揃え」を選択します。

3)グレーの列「E」をクリックし、E列を反転させ、同様に横位置・縦位置「中央揃え」を選択します。

 ポイントは、列や行全体を調整したいときにはグレーの列を使ってすべて反転させることと(1と3)、一部を調整したいときには「Shift」+「十字キー」で調整したいセルを選択すること(2)を使い分ける点です。

これでぐっと表らしくなる



つづく

■大日本図書(株)による企画・編集/先生のための情報科の副教材
―高等学校「情報科」(A・B・C)の内容を網羅したソフトウェア集―

情報科サブノート

 

●”高校の情報科のための授業ネタ”は、毎月、第2週・第4週の金曜日にシリーズで掲載(隔週掲載)されます。次回の掲載は、12月11日(金曜)の予定です。シリーズは複数提案による長期・多回数の予定です。

 




Copyright (C) 2005 helpfulnotes. All rights Reserved.