コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 


提案7: 校外学習に行こう
 PCを使って、遠足、修学旅行、合宿等の事前事後学習をします。
 第1章では事前学習についてお話します。



第2章 企画書を作ろう

 §3 ついに企画書が完成!


■観光協会からの返事

 観光協会から返事がきました。
 重要な部分だけ抜き出すと、答えは以下の通りでした。


 1 二位殿燈篭(桟橋から燈篭までは徒歩5分です)          
   ↓徒歩5分                          
 2 厳島神社                            
   ↓康頼燈篭は厳島神社の境内の中ですので、           
    分けずにセットにしてはいかがですか             
 3 康頼燈篭                            
   ↓徒歩7分                          
 4 後白河法皇の松                         
   ↓徒歩10分                          
 5 清盛神社                            
   ↓徒歩5分                          
 6 宝物館                             
   ↓すぐとなりですので、                    
    分けずにセットにしてはいかがですか             
 7 重盛の松                            
                                  
  小松内府重盛お手植えの松から桟橋までは歩くと15分弱ですので、  
  フェリーの時間に間に合うよう、お帰りも気をつけてくださいね。  
 目的地以外の宮島の風物詩もぜひ堪能していってください。   
  


 丁寧なお返事をいただいたわけですから、お礼のメールは忘れずに。
 さて、観光協会からの返事をもとに企画書の「当日のタイムスケジュール」欄を作成しましょう。
 厳島神社と宝物館で長めに時間を取り、その他のスポットでは記念撮影して説明パネルを読み、メモを取るなどして15分ずつ過ごします。


 15:40のフェリーに間に合うよう、またお尻から逆算してプランニングした

上の画像をClickすると、Wordのデータで拡大してご覧になれます。



■予算をたてる

 最後に、予算案を表にまとめます。
 交通費は時刻を調べたサイトで分かりますし、宮島での入場料等もパンフレットやネットで調べられます。

 

 ●指導ポイント

  このとき、最新の情報を手に入れる必要がありますので、信頼に値する情報の見極め方を指導する機会です。
 紙資料でもインターネットでも、情報の新しさ・信用度に気をつけることを教えてください。
 紙なら奥付で発行日や発行者を見る、インターネットなら情報の発信者が信頼できるかどうか(公的機関の発表かどうか)、サイトの最新更新日がいつなのか、などを見ます。


 マリモ班は、お昼にかかる料金を知るために広島焼きの値段の相場を、また、おやつは焼きたてもみじまんじゅうを食べるつもりですので、現地のバラ売り価格の相場をインターネットで調べました。

 有名店のサイトなら、メニューや価格表が載っています。
 また、グルメ専門のポータルサイトも役に立ちますね。


 その結果、広島焼きは800円前後が多いということが分かりましたので、飲み物もつけるとして予算1000円。
 もみじまんじゅうのバラ売りは1個70円前後でした。

 これで予算の表が作れます。
 表作成については、「文化祭のペーパーアイテムを作ろう」「カレンダーを作ろう」の章を参照してください。
 ただし、今回は金額の計算が含まれますので、「オートSUM」ボタンの使い方などを教えてあげてください。

 

 

山陽本線とフェリーの「数量2」は往復を意味する。「単価」は片道の料金のこと

上の画像をClickすると、Excelのデータで拡大してご覧になれます。


 それにしても、おやつと飲み物で1000円とは、マリモ班、1個70円のもみじまんじゅうをいったいいくつ食べるつもりでしょうか。


■企画書に表を挿入する

 予算の表ができたら、企画書に添付します。

 表作成ソフトと、企画書を作成しているソフトを同時に開きます。

 まず予算の表のほうで、「Shiftキー」+「十字キー」で、表の部分を反転させ、「編集」→「コピー」または、右クリックで「コピー」を選択します。

 画面を企画書に切り替えます。
 企画書の「(Excelで作成した表を添付しなさい)」の部分にカーソルを合わせ、「編集」→「セルの貼り付け」または、右クリックで「セルの貼り付け」を選択します。

 そのほか、Wordの「挿入」→「ファイル」で予算の表を選択する方法もあります。(このとき、「ファイルの種類」を「すべてのファイル」にしないと、表のファイルは選択できません)。

 「挿入」→「ファイル」で貼り付けると、「編集」→「セルの貼り付け」や右クリックでの貼り付けの場合とは、見た目が違ってきます。

 両方試してみて、好きなほうを選んでください。(学習者は両方やってみることが大事です)。

 

 表のセンタリングは、カーソルを表の中に持っていき、表の左上に十字矢印のボタンを表示させる→そのボタンをクリックして全体を選択→ツールバー上の中央揃えボタンをクリック。表を削除したいときは、同じ方法で表全体を選択して「BkSpキー」を押す(「Delキー」ではない)

上の画像をClickすると、Wordのデータで拡大してご覧になれます。


 企画書が完成、先生方のチェックも無事通過し、あとは出発を待つばかり!



つづく

■大日本図書(株)による企画・編集/先生のための情報科の副教材
―高等学校「情報科」(A・B・C)の内容を網羅したソフトウェア集―

情報科サブノート

 

●”高校の情報科のための授業ネタ”は、毎月、第2週・第4週の金曜日にシリーズで掲載(隔週掲載)されます。

 




Copyright (C) 2006 helpfulnotes. All rights Reserved.