コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 


第4回「ルックスを決めよう」

 こんにちは!「先生のための活用できるメルマガ作成講座」にようこそ。
 今回は「ルックスを決めよう」と題し、メルマガの見ばえについてお話しします。クールでシンプルなメルマガからは理知的な印象を受け、飾りがたくさんあって楽しいメルマガからは親しみやすい印象を受けます。
 どちらが自分に合うか、考えてみましょう。

●クールorポップ

 ここでの「クール」は飾らないシンプルデザインのこと。よけいな記号は極力使わずに、文章で読ませます。メルマガ全体がギュッと縮まって、読者の負担が少なくなるという利点があります。一方、記号があまりにも少ないと、ダラダラと続いているようにも見えてしまうので、メルマガタイトルやコーナータイトルには使ったほうがいいようですよ。

 ★クール例★

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■      6年1組 メールマガジン      ■■■
■■■     第1号 2004. 9 .28発行      ■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            

 こんにちは。6年1組担任のA山B美です。今週から、週に1度、6年1組のみ んなにメールマガジンを送ります。おうちの人と一緒に見てくださいね!    
                                

◎今週の6年1組                            

 G子さんが毎日、6年3組のT村P夫くんの弟、1年2組のQ彦くんと登校して いるのを知っていますか? T村くん兄弟は毎朝一緒に登校していましたが、P夫 くんが運動会のリレー選手に選ばれ、毎日、朝練があるため、一緒に登校できなく なったので、近所に住むG子さんがQ彦くんと登校しているのだそうです。
  「学校に来るまでに大きな交差点があるし、Q彦くんはまだ1年生だから」
  とG子さん。先生は、G子さんのやさしさと責任感をとてもうれしく思います。 
                                

◎運動会に向けて
                           
 10月17日(日)の運動会に向けて、練習が多くなってきましたね。体育の授業が ない日でも、全体練習がある日もあるので、体操着を忘れないようにしましょう。  今週の全体練習は、9月29日(水)の4時間目です。入場行進と開会式のリハー サルをします。体操着のほか、チームのハチマキとゼッケンも必ず持って来てくだ さい。
◎おうちの方へ
                            
 運動会にむけて、時間割がやや不規則になっています。忘れ物(特に体操着・ハ チマキ・ゼッケン)がないよう、注意を促してください。また、練習がある日は、 運動靴で登校させてください。
                       当日は、子どもは8時に教室集合です。通常の登校時刻より15分早いので、注意 をお願いします。

                                                      ※このメールマガジンは6年1組の児童・保護者と、購読希望者に配信しています
発行者……担任:A山B美 AyamaBmi@?????.ac.jp
配信解除は、A山のメールアドレスまで「配信停止」と書いて送信してください。

*テキストメールで送付されるので、背景色のないのが一般的です。ここでは、あえて分かりやすくするために色をつけています。

 一方の「ポップ」ですが、ここでは罫線や絵文字を使って明るい感じにしたもののこと。視覚に訴える楽しいデザインになり、読者がメールを開いた瞬間に「あ、これはメルマガだ」と一目で分かります。が、空白行が多めになるので長くなってしまうというマイナス点もありますので、罫線・絵文字の使いすぎには注意しましょう。

 ★ポップ★

 

■■■■                   ■
■■■   6年1組メールマガジン  ■■
■■   第1号 2004.9.28発行   ■■■
■                   ■■■■


 こんにちは。6年1組担任のA山B美です。今週から、週に1度、6年1組のみ んなにメールマガジンを送ります。おうちの人と一緒に見てくださいね!


目┃次┃              
━┛━┛───────────────────────────○。○。○。

1. 今週の6年1組
2. 運動会に向けて
3. おうちの方へ

。○。○。○────────1.今週の6年1組─────────○。○。○。

 G子さんが毎日、6年3組のT村P夫くんの弟、1年2組のQ彦くんと登校して いるのを知っていますか? T村くん兄弟は毎朝一緒に登校していましたが、P夫 くんが運動会のリレー選手に選ばれ、毎日、朝練があるため、一緒に登校できなく なったので、近所に住むG子さんがQ彦くんと登校しているのだそうです。
  「学校に来るまでに大きな交差点があるし、Q彦くんはまだ1年生だから」
  とG子さん。先生は、G子さんのやさしさと責任感をとてもうれしく思います。 
___                                  
|\ /| お便りはこちらまで                   
| 〒  | AyamaBmi@?????.ac.jp   
 ̄ ̄ ̄                               

。○。○。○────────2.運動会に向けて─────────○。○。○。

                晴れるかなッ? ε=ε=ε=┏(^∇^)┛

 10月17日(日)の運動会に向けて、練習が多くなってきましたね。体育の授業が ない日でも、全体練習がある日もあるので、体操着を忘れないようにしましょう。
 今週の全体練習は、9月29日(水)の4時間目です。入場行進と開会式のリハー サルをします。体操着のほか、チームのハチマキとゼッケンも必ず持って来てくだ さい。

。○。○。○────────3.おうちの方へ──────────○。○。○。

 運動会にむけて、時間割がやや不規則になっています。忘れ物(特に体操着・ハ チマキ・ゼッケン)がないよう、注意を促してください。また、練習がある日は、 運動靴で登校させてください。
 当日は、子どもは8時に教室集合です。通常の登校時刻より15分早いので、注意 をお願いします。                         

。○。○。○──────────編集後記───────────○。○。○。

 6年1組メールマガジン第1号、いかがでしたか? 「今週の6年1組」では、 クラスのみんなの光るところを毎週紹介していきます。「先生は知らないみたいだ けど、○○さんはこんないいところがあるよ!」という推薦があれば、どんどんお 便りくださいね! メールマガジンに載せる前には、先生が直接「インタビュー」 します。                                 

※このメールマガジンは6年1組の児童・保護者と、購読希望者に配信しています
発行者……担任:A山B美 AyamaBmi@?????.ac.jp
配信解除は、A山のメールアドレスまで「配信停止」と書いて送信してください。


*テキストメールで送付されるので、背景色のないのが一般的です。ここでは、あえて分かりやすくするために色をつけています。


 簡単にクール、ポップ両方の見本をあげてみました。ポップなスタイルはもちろん、罫線や絵文字をもっとたくさん使えば、いくらでもポップにできます。罫線や絵文字の例や、効果的な使い方については、次回で詳しくお話します。
 まずは、どちらのスタイルが自分に合っているか考えてみてくださいね。

●必須事項

 メルマガには必ず記載しなければ行けない項目があります。それは、
▼メルマガタイトル
▼発行日、号数
▼発行者、発行者アドレス
▼どんな人に配信しているか
▼配信停止の手続き


 です。
 メルマガタイトル、発行日、号数は一番上(ヘッダー)に書き、発行者、発行者アドレス、配信相手、停止手続きは一番下(フッター)に書く場合が多いようです。

 特にフッターの情報は、読者にとって必ず必要なものです。
「登録した覚えのないメルマガが来た」
 という状況は誰にとっても愉快なものではありません。自分のメールアドレスがどうして知られたのか分からないからです。
 そのため、上記の例で言えば、「発行者の受け持ちのクラスの子と保護者」および、「購読を希望して発行者に連絡してきた人」に配信していると明記しました。

 さらに大事な項目は、「メルマガはほしくない」という人に対する配信停止の手続き方法です。これがないと、いろんな事情でメールがほしくない人に対しても一方的に送り続けることになってしまいます。一方的に送り続けるという行為は、メルマガ発行の重大なマナー違反です。配信停止希望の連絡は残念なものではありますが、「良き発行者」であってください。


【筆者のちょっとあとがき】

 「配信停止はこちらから」と記述しておきながら、そこに「配信停止してください」とメールをすると、さらにたくさんメールが来る。それが迷惑メール……。ひたすらに放置するべきメールと、発行者に連絡をしても大丈夫なメールの違い、見極めは大人でもムズカシイものです。「ちゃんとしたメルマガってどんなもの?」――先生からのメルマガが子ども達にとって貴重な実体験になるといいかも!
 今回例に挙げたメルマガの内容(特にG子ちゃんエピソード)は、筆者が小学生の頃の学級通信がお手本。毎日のように学級通信を作ってくれた担任と、なんでもかんでも保存しておいた母に、あらためて感謝です。


 




Copyright (C) 2005 Helpfulnotes. All Rights Reserved.

 

 

GIF89a!,L;