コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 


第6回 「いざ執筆」

 こんにちは!「先生のための活用できるメルマガ作成講座」にようこそ。
 これまで、メルマガの中身を作り、見栄えよく整えることについてお話ししてきました。
 ではいよいよ、執筆してみましょう。

●執筆におすすめのソフト

 文章を書くとき、どんなソフトを使っていますか? WindowsのPCならWordやメモ帳が便利ですよね。でも、Wordはメルマガを作るには不必要な機能が多く、ファイルサイズも大きいので、サクサク作りたい場合にはちょっと不向き。メモ帳は逆に、メルマガ作成に必要な機能に欠けています。
 体裁を整えるなど、編集作業がラクなのはやっぱりテキスト作成ソフトです。

 当然ですが、メルマガは、読者のもとにはメールの形で届きます。メールは、返信・転送の時に35文字で折り返す設定になっていることが多く、また、テキストのみのメールの場合、読みやすいのは35文字と言われています。(この説にはいろいろ異論もあるでしょうが、筆者はおおむね賛成です)。

 このためにテキスト作成ソフトが必要なのです。1行あたりの文字数を35文字に設定し、35文字書いたら強制的に改行すればよいのです。こんな感じに

 。 。○。○。○───────1.今週の6年1組───────○。○。○。 (改行)

  G子さんが毎日、6年3組のT村P夫くんの弟、1年2組のQ彦くんと登校(改行)
 しているのを知っていますか? T村くん兄弟は毎朝一緒に登校していました(改行)
 が、P夫くんが運動会のリレー選手に選ばれ、毎日、朝練があるため、一緒に(改行)
 登校できなくなったので、近所に住むG子さんがQ彦くんと登校しているのだ(改行)
 そうです。(改行)
  「学校に来るまでに大きな交差点があるし、Q彦くんはまだ1年生だから」(改行)
 とG子さん。先生は、G子さんのやさしさと責任感をとてもうれしく思いま(改行)
 す。(改行)


 最後の2行ですが、

とG子さん。先生は、G子さんのやさしさと責任感をとてもうれしく思います(改行) 。(改行)

 にならないように。35文字で改行すると小さい文字(「っ」など)、句読点、カギカッコ閉じ( 」)などが文頭に来てしまう場合には、その1文字前で改行してください。

 ちなみに、改行されていないメールを返信・転送すると、こんなふうに表示されてしまう可能性があります。

  >   。○。○。○───────1.今週の6年1組───────○。○。
  >○。
  > G子さんが毎日、6年3組のT村P夫くんの弟、1年2組のQ彦くんと登
  >校
  >しているのを知っていますか? T村くん兄弟は毎朝一緒に登校していまし
  >た
  >が、P夫くんが運動会のリレー選手に選ばれ、毎日、朝練があるため、一緒
  >に
  >登校できなくなったので、近所に住むG子さんがQ彦くんと登校しているの
  >だ
  >そうです。「学校に来るまでに大きな交差点があるし、Q彦くんはまだ1年
  >生
  >だから」とG子さん。先生は、G子さんのやさしさと責任感をとてもうれし
  >く
  >思います。 

 メルマガなのだから返信・転送は関係ないのでは?と思われるかもしれません。が、友人に「このメルマガ、おもしろいよ!」と紹介する時、「転送」しませんか?

 ほかにもメルマガの体裁で気をつけたほうがいいことはありますが、さしあたっては「1行35文字以内」だけを念頭に置いてください。言いかえれば、これさえ守っていれば、たいがいの場合は大丈夫ということです。

 さて、筆者がおすすめするテキスト作成ソフトは「TeraPad」や「秀丸」。
 両方とも、『窓の杜』( http://www.forest.impress.co.jp/ )→ソフトライブラリ→「オフィス」の「文書作成」の「テキストエディター」にありますので、ダウンロードしてみては。「TeraPad」はフリーウェア(無料ソフト)、「秀丸」はシェアウェア(有料ソフト)なので、使う際にはご注意を。

  「メール」マガジンなんだから、普通にメールを書くときと同じように、Outlookなどお使いのメールソフトを起動して「新規作成」から作るのもOKですが、1行あたりの文字数をいちいち数えなければならないので手間がかかり、あまりおすすめできません。また、配信作業については次回で詳しくお話しますが、その際にテキストファイルで作成してあったほうが何かと便利でもあります。

■■「TeraPad」、「秀丸」での1行あたりの文字数の決め方■■

 ともに半角を「1桁」と数えるので、全角35文字なら、1行あたり70桁必要です。全角35文字のあとに改行を入れるので、全角35文字×2桁+改行分1桁で、1行あたり71桁に設定してください。

 ○TeraPad
 表示→オプション→文字折り返しの「指定の桁数で折り返し」にチェックを入れ、桁数を71にする

 ○秀丸  その他→ファイルタイプ別の設定→折り返しの「折り返し文字数」を71にする



●ご注意! 最悪のマナー違反「機種依存文字」

 ここではごくごく簡単な説明にとどめますが、Windowsで表示できてもMacintoshでは表示できない文字があります。もちろんその逆もあります。

 丸で囲んだ数字やローマ数字、「(株)」「昭和」「キロ」「センチ」などを1文字にした省略文字や単位記号、半角カタカナが代表的なもので、「機種依存文字」と呼ばれます。これを使うと、文字化けしてしまって、相手によっては読めません。  ですから、インターネット上の掲示板、チャット、メールなどで使うのは避けなければなりません。もちろんメルマガでも、です。

 一部の漢字もNGです。インターネットニュースなどで人気男性グループ『SMAP』のメンバーの一人の名前が「草なぎ剛」とかな混じりで書かれるのは、そのためです。

 その文字だけが化けるのであれば、前後から推測して読み進めることもできますが(でもこの作業を受信者に強いるのもマナー違反)、最悪の場合は、その1文字のためにメールの中身がすべて化けてしまうこともあります。
 読めないメールをもらって喜ぶ人はいません。むしろ、「世界中の人が自分と同じOSを使っていると思いこんでいるなんて、イヤな感じ!」と思われてしまう可能性すらあります。それは極端だとしても、「なんだ、このヒト初心者かぁ」と思われることは間違いありません。

 なぜ表示できないのか、システム的な詳細を知る必要は必ずしもありませんが、「使ってはいけない文字がある」ということを知っておく必要は絶対にあります。迷った時に筆者が見るサイトをご紹介しておきましょう、

【機種依存文字劇場】
 http://apex.wind.co.jp/tetsuro/izonmoji/ 【機種依存文字】
 http://www.s-ichi.com/semi/bght/cara.htm 【機種依存文字とは何ですか?】
 http://support.biglobe.ne.jp/help/faq/charactor/izonmoji.html

 それでは、機種依存文字に気をつけながら、テキスト作成ソフトを使って、先生のメルマガ原稿の第1号を作ってみてください。次回、いよいよ配信します。


【筆者のちょっとあとがき】

  i-modeなどの絵文字も立派な機種依存文字。携帯電話からPCにメールしてくる友人がいますが、片っ端から化けるので困ってしまいます。先日はこんなのが来ました。
「おはよ〜〓 今日も〓で〓〓 昨日〓で××ちゃんに〓〓 久々で〓 やっぱり××ちゃん〓になってて、こっちまで〓〓 〓しすぎで今日は〓〓 そんじゃ〜〓がんばってね〓〓」
 何か「がんばれ」と言われていることは分かったのですが、それ以外はもはや推理することも不可能です……。
 さて、学校に導入されているPCはWindowsが圧倒的に多いことから、このコラムではメルマガを作るときにWindowsを、さらに日本語入力にはIMEを使うという前提で書いていますが、筆者も「みんながみんな、WindowsやIMEを使っていると思っているなんて、困った人だ」と思われているかも。そんな先生には……おわびします!(ソレダケ?)


 




Copyright (C) 2005 Helpfulnotes. All Rights Reserved.

 

 

GIF89a!,L;