コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
 
 
 

高校入試問題工房Manavi

 

 

 

 

 

 

 

 


第4章 ハイパー・リンク
■第8回 リンクの設定



●他のファイルまたはWebページへのリンク

@リンクを設定するテキストまたは、画像をアクティブにし、
Wordのメニュー[挿入]⇒[ハイパーリンク](図:1)を選択します。
図:1では、欧文の”Helpfulnotes”の箇所のみをアクティブにし、
リンク設定する場合を想定しています。

(図:1

A上記@で[ハイパーリンク]を選択すると、
以下図:2のように、
ハイパーリンクの挿入のダイアローグが表示されます。
画面上部の[表示文字列](図:2 A)には、
上記図:1でアクティブにした文字列が自動的に
挿入されリンク設定の前準備ができたことを示しています。

(図:2

B次に [ファイル名またはWebページ名](上記図:2B)の入力欄に、
作成したWebページ名を入力してリンクの設定が完了します。
直接入力するか、
上記図:2参照先のファイルボタンを押して、
リンクするファイルを探して選びます。
以下図:3は、仮に任意ファイル名を選択しようとしたところ。

(図:3

C参照先のファイルボタンを押して、選択した結果が以下図:4です。
[ファイル名またはWebページ名]
にファイル名が入力されます。

(図:4

※また、ローカルにあるファイルだけでなく、
現在、インターネットのサイト上にあるURLを直接指定することもできます(以下図:5)。

(図:5

Dオプションの部類になりますが。
上記Aでヒント設定(図:2C)の
ボタンを押すと、以下のダイアローグ(図:6)が表示されます。
これは、
リンク設定する文字列や画像の上にマウスポインターが来た時、
メッセージを表示するための設定ができます。

以下の例は、 リンク設定した”Helpfulnotes”の文字列の上に
マウスポインターが来たとき、リンクの行き先を仮にメッセージで示すことができます。

(図:6

 

まだ作成されていないファイルへのリンクを設定する場合
@下記図:7の画像にあるように、
左側リンク先の下欄[新しいドキュメント(N)]をCl;ickします。
すると、
画面が以下の図:7の右側部分のように変わります。
ここで、まだ作成されていないファイル名を想定して
[新しく作成するドキュメント名(D)]の入力欄へ
入力します。
OKボタンを押せば完了です。

(図:7


A上記@の結果は、以下の図:8のように確認できます。
指定先フォルダーなどに、自動的に白紙のWobページ
(上記指定したファイル new-page.html 等)が 作成されていることがわかります。

(図:8


●電子メールアドレスにリンクする場合。
下記図:9の左側部分リンク先[
電子メールアドレス(M)]をClickします。
右側部分が下記の画面のように変わりますので
[電子メールあどれす(E)]の入力欄に任意のメールアドレスを入力します。
OKボタンを押せば設定完了です 。

(図:9

 

●同一ファイル内へのリンクを設定する場合
@Wordのメニュー[挿入]⇒[ブックマーク]をClickします。
※ここで言うブックマークとは
ブラウザNetScapeにあるブックマークを意味するものではありません。
同一
ファイルの中で、例えば長文のWebページ内で、
いま表示されていない下欄の方を 表示させたい場合などに、
ジャンプさせて表示させる便利なリンクのマーカーの一種を

Wordでは、ブックマークと読んでいます。

仮にサンプルを示すと、以下図:10のように下方にジャンプリンクさせるような時は、
先にマーカー(ブックマーク)をつけるようにします。
ジャンプ先の箇所をアクティブにしてWordのメニュー[挿入]⇒[ブックマーク]をClickします。

(図:10


Aブックマークのダイアローグ(図):11が表示されますので、
[ブックマーク名]の入力欄に、マーカー名を任意設定して入力します。
(以下の例では、仮にJump_aとしました。)

ブックマークのダイアローグ下欄 [追加]ボタン
を押して前準備がまず完了します。

(図:11

B次にリンク元の設定です。
リンク設定する文字列をアクティブにして、
Wordメニュー[挿入]⇒[ハイパーリンク]を選択します。
ダイアローグが表示されたら、
画面の左側部分リンク先の中から、
[このドキュメント内(A)]をClickします。
画面右側部分、下記(図:12)のように画面が変わります。
画面中の
ブックマークの表示には、
上記Aで設定したブックマーク名が表示されるので、選択します。
OKボタンをClickして、これで同一内ファイルのリンクが完了します

(図:12

 

 

●マイコン/電子電気エンジニア育成教材販売
革新的な教育システムを創造する株式会社アドウィンのマイコン/電子電気エンジニア育成教材販売をHelpfulnotesで代行販売を開始しました。
●キットで遊ぼう電子回路【全10シリーズ】 および 解説CDシリーズ
●キットで学ぶ!FPGAチャレンジャー入門編
●キットで学ぶ!ARMチャレンジャー入門編
●キットで学ぶ!ARMチャレンジャー応用編

 

 




Copyright (C) 2005 Helpfulnotes. All Rights Reserved.

 

 

GIF89a!,L;