コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
コンピュータと情報教育のためのHelpfulnotes
 
 
 

高校入試問題工房Manavi

 

 

 

 

 

 

 

 


第9章 ウィザードで簡単作成

■最終回 ウィザードを使う


◆いよいよ最終回です。すでに、前回までで、基本的な作成の方法は終了しています。ここでは、HOMEページ作成に自信が持てない。または慣れていない方のための簡易作成情報として、WordのWeb作成ウィザードを使った作成の仕方を簡単に紹介いたします。さらに言えば、ちょっとしたデザインをすばやく簡単に手に入れたいという場合には、ウィザードを使うのも一つの方法です。


●Wordのメニュー[新規作成]⇒[Webページ]タブ⇒[Webページウィザード]をClick

@以下の図:1の[Webページ]をClickして、赤丸囲み[Webページウィザード]を選択します。

(図:1

A上記@を実行すると、以下図:2のWebページウィザードがダイアローグが表示されます。
ウィザードの指示に従って[次へ(N)]ボタンを押しながら操作をします。

(図:2

B図:3ではWebサイトのタイトルと保存先を決めます。ここで言うタイトルというのは、Webページ自体のタイトルでもあり、ページが表示されたときのサイトの目的や主旨を表す自身のタイトルにもなりますので、大切です。あらかじめ決めておいたタイトル名をつけます。

(図:3


C以下の図:4場面では、フレームの形式をとるか、単ページ(独立ページ)の形式をとるかの選択場面では、主旨に合わせてラジオボタンを選択します。以下、ここでは、単ページの形式を選択したと仮定します。

(図:4


D次の場面は、タイトルを決めたTOPページからのリンクの作成です。空白ページに対しては仮のリンクページを。すでに作成しているページ等がある場合には、既存のページへのリンクを作成しておこうという程度の設定です。その意味で、この段階で、必ずしもリンクページを設定しておく必要はありません。その場合は、右下にある[ページの削除]ボタンを選択し、画面で表示されている仮ページ’ホームページ、新しいWebぺーじ1、新しいWebページ2)を削除しておきます,。このシーンでの説明では、仮のページとリンクが自動的になされるように、このままOKボタンを選択したと仮定します。

(図:5)

E下図:6は、TOPページに表示されるリンク元の順番です。このままOKボタンを選択します。

(図:6)

F以下の図:7は、[テーマを設定]を選択するとなかなか見栄えの良いデザインを作成してくれます。これは、Web制作ページ内に雛型として用意されたデザインです。 [テーマの設定]をClickして好みにあったデザインを選択するのは、簡単作成の一つの合理的な方法だと言えます。

(図:7)


G以下図:8は、上記Fで[テーマの参照(T
)]を選択した後に表示されるダイアローグです。画面左側のテーマの選択から、好みに合わせて選択してみてください。


(図:8)

テーマの参照で、任意デザインが一応決ってOKボタンをClickすれば、ウィザードの完了を告げるダイアローグが表示されます。[完了]ボタンを押してウィザードを終了します。
(図:9)

I以下の図:10は、ウィザードの指示と進行に沿って、 [テーマの参照]等でデザインイメージを選択した後の簡単作成されたWebページの編集可能な場面です。以降の カスタマイズは、適時、行ってください。


(図:10)

以上で、意外にできる!Wordを使ったWebページ作成講座は、終了しました。紹介したのは、全体の一部です。とりあえずWordでWebページが作成できる程度の基本的な内容を概略で紹介いたしました。説明の不十分な点など多々あるかと思います。詳細は、WordのHelpで必ず確認を行ってください。最後まで、この講座をお読みいただきありがとうございました(了)。

 

 

●マイコン/電子電気エンジニア育成教材販売
革新的な教育システムを創造する株式会社アドウィンのマイコン/電子電気エンジニア育成教材販売をHelpfulnotesで代行販売を開始しました。
●キットで遊ぼう電子回路【全10シリーズ】 および 解説CDシリーズ
●キットで学ぶ!FPGAチャレンジャー入門編
●キットで学ぶ!ARMチャレンジャー入門編
●キットで学ぶ!ARMチャレンジャー応用編

 

 




Copyright (C) 2005 Helpfulnotes. All Rights Reserved.

 

 

GIF89a!,L;